AC BODY|回転式ポイント通電低周波機器

AC BODY について

効率的にインナーマッスルを鍛え、トータル的な健康管理を!

AC BODYは、電気によって筋肉に刺激を与える機器です。
製品名 AC BODY 定格入力電圧 AC100V 50/60Hz
型番 JH-110 消費電力 100W
外型寸法 W400×D390×H120mm 発信周波数 500Hz
重量 6kg 全ch最大出力時 0.92A

AC BODYの原理

どのような原理で筋肉に刺激を与えるのか―――――。 もっともわかりやすいイメージは、テレビショッピング等で宣伝されている、いわゆる「筋肉刺激ベルト」でしょう。身体の一部に電流を流して刺激することによって、筋肉を収縮させ、腹筋運動などと同じような効果を身体に与えます。 しかし、AC BODYは個人仕様の製品とは、メカニズムも大きさも効果も大きく異なります。 では、AC BODYのメカニズムと効果について詳しくお話しましょう。

AC BODYと従来のEMSとはここが違う!

電流の刺激によって筋肉を鍛えるなら、何もAC BODYを導入しなくても、安価な通販製品を使用すればよいのでは?と思う方も多いでしょう。しかし、AC BODYは、家庭用の筋トレ用ベルトや、従来のEMS(*注)とはまったく異なる製品です。

(*注)EMS(Electrical Muscle Stimulation)身体の一部に電流を流し、筋肉を鍛える運動法。

AC BODYのメカニズムと特徴

  • 身体の対抗する位置(例:腹部と背中側)から同時に刺激を与える。
  • 通電ポイントは5カ所(5点パッド)。筋肉を挟み込むような状態で、身体の深部まで電流を流す。
  • 円を描くように並んだ5つのパッドには、それぞれ通電ポイントがあり、右周り・左周り・同時通電といったプログラムがランダムに設定されている。
  • プログラムごとにランダムに周波数(200Hz~500Hz)・出力を変化させ、筋肉を効率良く刺激する。
  • 1回30分のトリートメントで、腹筋300回分に相当する刺激を与えることが可能。
  • 腹部だけでなく、背面、腹部側面、太もも、腰、腕、膝裏、足首など、目的に応じて使用できる。

AC BODYの効果

健康的に痩せて美しく

5か所の通電ポイントに加え、対抗する位置から刺激を与えるパッドが1つ。
インナーマッスルを鍛えることにより、落ちにくいと言われる体脂肪を減らしていきます。1~2回のトリートメントではいわゆる「見た目」の効果は期待できませんが、継続的にトリートメントを受けることによって、徐々にかつ着実に効果が出てきます。 表面的もしくは、短期的なダイエットは、リバウンドの心配があります。しかしAC BODYを使用すれば、「カラダの内面」からキレイになりますので、知らず知らずのうちに体質改善もでき、身体の中が理想的にシェイプアップされることで、太りにくい理想的な身体に近づきます。 見た目だけではない、健康的なトータルケアを可能とすることが、AC BODYの大きなメリットです。

身体の中で一番大きな体積のある筋肉『腸腰筋(ちょうようきん)』群を刺激

腹部への使用。一番オーソドックスな使用法です。
AC BODYのもっともオーソドックスな使用法は、腹部への刺激です。 腹部周辺には、『腸腰筋』群という身体の中で最も大きな体積を持つ筋肉群がありますが、これはさまざまな身体の動きに欠かせない筋肉です。たとえば、骨盤の位置を安定させて、正しい姿勢を保つための役割を担っているのも腸腰筋群。つまり腸腰筋群は、私たちの身体を支えるために、必要不可欠な筋肉だと言えるでしょう。 AC BODYは、身体の深部まで電流を通して、腸腰筋群を鍛えることにより、健康的な体を目指します。

老化に伴う筋肉の衰えによる転倒などを防止

腹部だけでなく、太ももなどでの使用も可能。
お年寄りの躓きや転倒は、骨折につながることが多く、その結果、寝たきりになってしまうことも少なくありません。実はこうした躓き・転倒も腸腰筋群の衰えが大きく影響しているのです。 しかしお年寄りの場合、ジムなどに通って運動するのは難しいケースも多く、また、全身運動は膝などに負担がかかり、かえって他の部分を痛めてしまう心配もあります。 AC BODYなら、身体の他の部分に負担をかけることなく、集中的に腸腰筋群を鍛えることができるため、安心して使用できます。

医療機関で使用することにより、トータル的に健康をサポートすることが可能!

AC BODYは、医療機関で使用することを前提に販売されています。医療のプロの管理下において使用することによって、より安全にトリートメントを受けていただくことができますし、医療機関において、食事指導などを並行して行うことで、トータル的な健康管理が可能となります。 病気を治療することだけでなく、患者様ひとり一人の健康管理を行うことも、医療機関の大きな役割といえるでしょう。患者様の健康管理等に、ぜひAC BODYをご活用ください。

学術資料データ

あなたは医療従事者ですか?

pagetop